健康食品とは何か?

健康食品とは何か?

健康食品とは補助食品も含め、ただ単に健康に良いというだけでなく、日常の食事だけでは十分に摂取できないような栄養素を補うための食品を意味します。

サプリメントとは、英語の「Supplement」に由来する言葉で「補うこと」を意味していますが、日本では、健康食品という言い方で呼ばれている食品類と同じような意味合いがあります。

単に、「サプリ」と呼ばれることも多く、健康食品やサプリメントとして販売されている商品の形態は、錠剤やドリンク剤などが主流となっております。

また、健康食品やサプリメントには、単純に健康に良いという程度の食品から、胃腸や骨、皮膚などの身体機能を改善するもの、あるいは、血圧や血糖値などを改善したり、安定化させたりするといった医薬品に近い効能を有するものなど、数多くの種類があります。

この中でも、「特定保険用食品」と呼ばれるものがあります。これは、ビタミン剤のように医薬品として認定していた食品が、一定の基準をクリアする条件付きで食品として認め、その有効性を表示した上で販売ず許可されたものです。

ただし、アガリクスのような「いわゆる健康食品」はあくまでも食品ですから、これを販売する目的であるなら、その「効果・効能が絶対・確実である」と記述することは、薬事法で禁止されていますし、副作用についても明言することはできません。

スーパーやコンビニ、薬局などには健康に良いとか、美容に良いなどと謳った健康食品やサプリメントがところ数多く狭しと陳列されておりますが、そもそも、健康食品やサプリメントは医薬品ではないので、明確で確実な効能というものはありません。

すなわち、健康食品やサプリメントには、何かの病気や症状に対しての即効性はないが、長期間摂取し続けることを前提として、病気などの予防的効果が期待される類のものなのです。


 

サイトマップ