肝硬変の原因

肝硬変の原因

肝硬変は、A型やB型肝炎などが長い間に進行していき、更に悪化すると引き起こる危険な肝臓の病気です。

肝硬変になる要因は幾つかありますが、最も多いのが肝炎の悪化によるものです。これは、肝臓が少しずつ線維化して行って固くなっていくもので、肝臓の細胞が破壊されることによって起こる症状です。

このような状態になると、肝臓に多くの悪影響を与えます。特に、B型肝炎やC型肝炎の人は、その可能性が非常に高くなるので注意が必要です。

肝硬変になるのを避けるために最も大切なのは生活習慣です。お酒を飲み過ぎたり、暴飲暴食、運動不足、加齢、タバコの吸い過ぎなどは、全て肝臓に負担がかかります。当然のことながら、心身のストレスなども肝臓に負担をかけてしまいます。

また、肝硬変は色んな合併症を引き起こしてしまいます。特に、肝臓がんを合併症で引き起こす可能性が高く、肝臓が原因で亡くなられる人の多くが肝硬変から肝臓がんになっております。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるだけあって、多少悪くなっても中々症状が出にくい臓器なのです。

そして、基本的に肝硬変になるまでは7年ほど時間がかかりますので、今日明日すぐにでも悪くなってしまうという訳ではありませんが、お酒好きな人や、肝臓が心配な人は、肝硬変におすすめのサプリメントや予防法、治療法をしっかりと把握しながら、毎日過ごすことが大切です。




 

サイトマップ