脂肪肝の予防法

脂肪肝の予防法

脂肪肝になる主な原因は、食べ過ぎ、飲み過ぎです。

その理由としては、食事で摂取された糖分や脂肪分はまず肝臓に送られます。そこから、体全体に栄養分として送られていくのですが、この糖分や脂肪分が食べ過ぎや飲み過ぎによって、肝臓で処理できなくなり、それが結果的に、肝臓自体が肥満症になってしまうのです。

つまり、肝臓自体に中性脂肪がたまっている状態が脂肪肝なのです。

そして、脂肪肝に万が一なったとしても、初期症状などはほとんどないため、中々気づくことが出来ません。

このため、予防法をしっかりと把握するとともに、毎日の生活習慣を変えていく必要があるのです。

その予防法は様々あるのですが、下記のような事を特に心がけて日々取り組んでみましょう。

■お酒をよく飲む人は、休肝日を作りましょう。できれば週休二日で。

■肥満大敵です。肥満にならないよう心掛けましょう。

■脂肪分や糖分の過剰摂取を控えめましょう。

■大豆や魚等をしっかりと摂取してタンパク質をとりましょう。

■毎日、無理しない程度で結構ですから適度な運動を行いましょう。

脂肪肝は肝硬変の原因にもなりますので、十分な注意が必要です。




 

サイトマップ