青汁の注意点

青汁の注意点

青汁はカリウムやリン、ビタミンAを豊富に含むなど栄養価がとても高いため、万能の健康食品とも言えますが、摂取にあたっては注意が必要です。

まず、カリウムは体内の過剰な塩分を排出したり、あるいは、筋肉のエネルギー代謝を助けたりするなど、重要な働きを持っているミネラルです。

しかし、腎臓が弱っていると、このカリウムを排出する力がなくなっているため、体内に余分なカリウムを溜め込んでしまい、高カリウム血症を引き起こす可能性があります。それによって、嘔吐やしびれ、不整脈、血圧の低下などの症状を引き起こす可能性があります。

特に、腎臓を悪くしている方や透析を受けている方は、青汁を飲用することによって、健康をさらに悪化させる可能性があります。

また、青汁はビタミンKを多く含んでおりますが、心臓や脳、血管などの疾患によりワーファリンなどを飲まれている方に対して、悪影響を及ぼす可能性があります。

青汁を1日に、何杯も飲むのも注意が必要です。青汁の過剰摂取は、逆に、健康を損ねてしまうからです。すなわち、吐き気や下痢、発疹、便秘、アレルギーなどの症状を引き起こす可能性があります。

特に、アレルギー体質の方が青汁を購入する場合は、必ず事前に原材料を確かめることが大切です。また、不妊治療を行っている方は、青汁が良くない場合がありますので、青汁を飲む前には、必ず医師に相談するようにしてください。



 

サイトマップ